本音は「あれ~、決まっちゃった。どうしょう」

headlines.yahoo.co.jp

 

喜んだのもつかの間、政府に協力要請。

喜びの万歳に写真では見えるが、松井や吉村はこの時点でお手上げの万歳だったのかも。

ニュースでは、年配の女性が「(万博開催地決定は)息子の合格の時よりうれしい」と言っている場面があったが、赤字の時は、こういった市民、府民から徴収したほうがいい。

なかには「大阪決定」のプラカードを持った若い連中が喜んでいたが、仕込まれたサクラだとしても、大阪がいつまでも沈んでいる原因をこいつらがつくっている。

大阪のケツなんか、絶対拭かないからな!

10%にあげる1年まえに、次の消費増税

竹下「正直に言いまして、(消費税が)10%で打ち止めというわけにはいかない・・」これに呼応するように、アベの応援団がいつもいうのはこれ、「国の借金を子、孫の世代に残していいんですか!」

まったく、増税の原因である法人税減税については少しも言及しない。

また社会保障費が少子高齢化で増え続けて、消費税を上げなければ日本が破綻すると騒ぐのだが、その割にはアベはゴルフに夢中。

本当に、アベを引きずり降ろさなければ、日本は沈む

 

www.asahi.com

消費税10%は誰のため

アベが来年10月からの消費税増税を決めた。

これまで2度の延期だったが、たぶん経済界からの突き上げが激しかったのだ。ここで増税をしなければ、法人税の減税が遅々としてすすまないし、そうなればアベは経済界から見捨てられる。アベノミクスの進捗なんか、どうでもよかったのだ。

増税による消費の落ち込みが当然予想されるため、あれやこれやの対策も提示していたが、キャッシュカード払いでの2%還元なんか、カード会社のためのものである。自動車の購入時の税軽減は輸出還付金目当ての自動車業界向け。あらゆる対策が国民のためでなく、経済界のためであり、自動車業界からのキックバック期待のものである。

こんな愚策より、消費税を廃止すればいいのである。そうすれば消費者の購買力も高まる。

マスコミは相変わらず消費税増税の説明に、現在の、今後の社会保障費が少子高齢化でもたないと一言アベのために付け加えることを忘れない。

消費税が社会保障に使われることなく、軍事費の拡大に使われることを知っていても、アベのために言わないのである。

腐ったマスコミ。

 

玉城デニー知事誕生に触れないマスコミ

昨日の沖縄県知事選挙で「オール沖縄」の推す玉城デニー候補が大差で勝利した。

本土マスコミの情報が少ないため、ネットで情報収集していたが、佐喜真陣営の何でもあり選挙運動が報じられており、「もしかしたら・・」という不安もあった。そんな思いであったから、玉城デニー当選は本当にうれしかった。

今朝のワイドショーや報道番組では、どのように報じられるか注目していたが、やっている内容は「台風」「貴乃花」「平尾昌晃」「富田林逃走」。

「台風」は昨日の、今日だから致し方ないが、それでも2時間のうちほとんどを気象予報士が解説する番組って、異常だ。

貴乃花」と「平尾昌晃」が残り時間で報道され、「富田林逃走」が続いた。

沖縄知事選挙は、いくら地方の選挙といえ、アベ政権が「ヘタレ人気代議士」を何度も送り込み、菅もなんども沖縄入りするほどの「国政選挙」だった。だから、その結果は全国放送で詳細を報じるべきだが、本土マスコミは負けたアベに忖度してスルーしたのだ。

選挙の結果に関係なく、今後、オスプレイが本土にも配備され機数も増えていく。配備された自治体では、オスプレイ事故のリスクにおびえながら暮らす羽目になるのだから、マスコミ、特にテレビは基地問題や米軍兵士による事件で苦しめられている沖縄の現実と県民の意思が明らかになった知事選挙を報じるべきなのだ。

マスコミは、小泉新次郎のようにヘタレであってはならない。

 

 

日本の、日本による、米国のためのイージス・アショア

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を山口県萩市陸上自衛隊むつみ演習場に配備する計画を巡り、演習場に隣接する同県阿武(あぶ)町の花田憲彦町長は20日、町議会本会議で「町民の安全安心を脅かすものを排除するのが町長の当然の責務だ。町として配備反対を明確に表明する」と述べた。毎日新聞電子版より抜粋

 所詮、日本を守るために萩市に置くのではなく、グアムに飛んでいくミサイルを打ち落とすためものだから本当に必要ない。

ぼったくりの値段で買わされ、米国のために使われるイージス・アショア。

 

さもしいことする東京メトロの役員


mainichi

東京メトロと言えば、北朝鮮が、やたらICBMの発射実験をしていて、アベが騒いでいたころ、7、8分で日本に着弾するのに、40分後に電車を止めたところだ。

そういう組織の常務なら、こんな恥知らずのことをやっても不思議ではない。