北朝鮮を憲法「改正」に利用するな!

やしきたかじんの「かってに言って委員会」番組は、以前から見ているが、どうみても純度100%の右翼番組である。
今日も、6カ国協議の話題から、「もし、北朝鮮が日本にミサイルを発射したら、アメリカは本当に日本を守ってくれるのか?」ということになり、アメリカは信用できないから、日本も北朝鮮に向けてミサイルを設置したらいいという発言も飛び出した。
だが、いまの憲法じゃそんなことはできない、だから「憲法の改正」ということになる。

憲法「改正」論者の発想はほとんど同じで、北朝鮮イラクを利用して、「国際貢献」「時代遅れ」を叫ぶのである。
彼らには外交を通じて平和的に解決しようという発想はないのである。

最初から、「悪の枢軸国」というアメリカの定義にのっかているだけである。




軍事力と現代外交―歴史と理論で学ぶ平和の条件