女で躓かないように、東国原知事。

なんだか、東国原知事の性癖がすこし顔をだしかけたところを、マスコミが見つけてしまった。


女性問題ただされ憤然 宮崎県議会で東国原知事
2007年02月26日14時30分
 宮崎県議会で26日、東国原英夫知事が自宅マンションに連夜女性を泊めていると週刊誌などが報じた問題が取り上げられた。事実関係をただされた同知事は、やや憤然とした面持ちで「家には支援者、後援会の方などいろんな人がパブリックコメント、意見交換などを行うため出入りしている」とかわした。

 さらに知事は「雑誌の記事自体は読んでいないが、そんなことを書くスペースがあるぐらいなら宮崎のPRをしていただきたい」と早口でまくしたて、質問者の満行潤一議員(社民)は「泊まったかを聞いたが、時間がないようなのでこれ以上質問しませんが」と引き取った。

 議会デビューは上々の滑り出しだった東国原知事だが、過去に淫行(いんこう)問題を起こしたこともあるだけに、「オール野党」の議会にとんだ追及の材料を与えてしまった格好だ。(時事)

当然ながら釈明することになったのだが、その内容は芸能界でよく使われるレベルのものであった。
コミュニケーションをとったり、意見を聞いたりすることは、夜の自室でなくてもできるだろうに・・・。

まぁ、横山ノックのようになる前に気がついて欲しいものだが、議会に知事の弱点を確認させたことだけは忘れてはいけない。
忘れたとたんに、落とし穴に落ちるかも。