自業自得の日本国民

自民党ポスターで、アベ総理の顔がでかく写っていて、その横に「創りあげたい国がある」のキャッチコピーあるが、その真意は次の通りだ。
      ↓

軍国主義で、創りあげたい国がある。

産経ニュース

自民党に大議席を与えた国民は、これからその恩を仇で返される日が近づいていることを知らなければならない。
それでも、ノー天気に、アベ総理に「キャーキャー」黄色い声を張り上げるなら、あなた方の子孫は、あなた方のせいで悲惨な生き方をすることになるだろう。

憲法改憲したがる勢力は、「時代に合わない」とか「北朝鮮にたいして無防備」とか理由をいろいろ作り出して、早く戦争ができる国にしたがっている。

日本はわずか60年前に、悲惨な戦争を体験しているではないか。あれからまだ1世紀も経っていないのに、そのことも忘れ、また国民を戦争に追いやるつもりだろうか。

改憲勢力は、あからさまに「戦争をする」とは言わないものだ。ゆっくり、静かに、そしてしたたかに、その戦略を実行するのである。

国民が気がついたときは、もう取り返しのつかない事態になっている。
歴史はそのことを教えてくれるのだが、テレビ漬けのノー天気な日本人は、自分だけは大丈夫と思うのだ。アーメン。

人気blogランキングへ