[日記]ミツバチと「崖っぷち犬」

京都市下京区の交差点の信号機に、ミツバチが張り付いて、交通の妨げになり話題となった。
見ると、青色にだけ張り付き、黄色、赤色は全くの無視。
テレビのレポーターによると、ミツバチは青色は見えるが、黄色、赤色は見えないらしい。
へぇ〜、と感心していたのだが、この話題、どこのテレビでもやっていて、またぞろカメラが繰り出していた。


今回は、駆除業者の掃除機に吸い込まれて死んでいくミツバチに、同情は集まらなかった。
この前の「崖っぷち犬」と違い、刺されると痛いのが解っているので、みんなの表情は「やれやれ」という感じであった。


でも、この話題の扱い方は、「崖っぷち犬」と同じである。
犬という親近感のある動物でなかったため、「崖っぷち犬」ほどにはならなかったが、テレビがこぞって全国に流すほどのニュースではないと思うのである。


今日は憲法記念日
ミツバチではなく、テレビにこそ、アベ政権をチクリとやって欲しかったのだが、「崖っぷち犬」を追いかけたテレビには、やっぱり無理であったようだ。


安倍晋三の本性

安倍晋三の本性