http://hoshino.ntciis.ne.jp/index.html

星野仙一さんがお怒りのようである。
安倍総理が辞意を表明してからも、マスコミがこれでもかと叩くことが「胸くそ悪い」のだそうだ。

しかし、星野氏の主張を読んでみると、なんとも抽象的である。
「なにひとつ落ち度や欠点のない精廉潔白な人に大臣や首相をやってもらえばいいのか。それとも多少の失敗やキズ、弱点があってもきちんと結果を出してくれるような有能な人、職責に身命を賭けて努力してくれる人がいいのか。」
これでは、まるで「精錬潔白な人」をきちんと結果を出さない無能な人であるかのように決めつけ、「有能な人」「身命を賭けて努力してくれる人」は、まるで安倍総理であると言わんばかりである。


「精錬潔白な人」が真に国民のための政治を行ってくれるのがいいのである。


なぜ安倍総理がたたかれるのか、星野氏は解っていないのだろう。
安倍総理を叩くマスコミと、そのマスコミに操られる「無定見な大衆」に腹ただしいだけのことである。
逆に、安倍総理を持ち上げてきたのもマスコミである。そんな時には、持ち上げ過ぎだと批判したことはなかったはずだし、安倍総理に心酔していた時の「無定見な大衆」に対して批判したことはなかったはずだ。

星野氏のいっていることが「勝手主義」である。