12年でも軽すぎる

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070926i311.htm

この事件については、どうなったのか日頃から気にしていたら判決が出た。
検察の求刑10年は軽すぎると、12年の判決となった。
わたしは、強姦された女性の気持ちを考えると、12年でも軽すぎると思う。

被告ら二人はともに25歳、刑が終わるころには30代半ばだ。となると、まだまだ遊べる歳だ。こんな奴らに遊べる時間なんかやらなくていい。20年でも、30年でも、刑務所にぶち込んでおけばいい。

最近、「死刑制度」についての論議が活発であるが、私は「死刑制度」が犯罪の抑止力になるなんて思わない。
現に、今日の殺人事件の多さを見ると抑止力になっていないことは明白である。
「死刑制度」があっても、殺人事件は起こるのである。だから、「死刑制度」を廃止しろというわけではない。
私は、死刑を「抑止力」としてではなく、「罰」そのものとして残しておきたい。

そして、その「罰」を受ける犯罪は、殺人だけでなく強姦も含めたらいいとおもうのである。