予想できた辞任

http://www.asahi.com/politics/update/1104/TKY200711040051.html


福田総理との密室会談で「大連立」を持ちかけられ、党に持ち帰った小沢代表。
役員会で総スカンを喰らってしまった。
小沢代表にしてみたら、参議院選挙の大勝利は自分の力だから、「大連立」の話をある程度受け入れてくれるだろという思いがあったのではないだろうか。
それが賛成0だったから、ショックだったに違いない。


そもそも、安倍前総理からの党首会談の申し入れのときは、公開を主張し密室会議を否定していたのに、福田総理からの申し入れはアッサリ受け入れて、それに批判が出ると「なんで悪いの?」なんて開き直っていた。

所詮、党籍は民主党だったが、思想的党籍は旧自民党のままであったということだ