今年は怒ろう!

安倍晋三の辞任から今日にいたるまで、国民のためになることは何も決まらず、ただ、「給油」にこだわりつづけている自公政権。福田爺の小沢取り込み騒ぎなど、まったく油断できない年末であった。
選挙で、民主党以下、ほかの野党が勝利しなければ、国民生活はこのまま崩れ続けると思う。
民主党は第二自民党と呼んでもおかしくないのだが、今のところ自公よりましかなと思えるため、とりあえずは様子見だ。


国民も、税金納めているのに政府が何も対策を打ち出せないことに、も少し怒ってもいいのではないか。
いつまでもおとなしくしていると、自公政権からもっとむしり取られることになる。

怒りを選挙で示そう。