「せんたく議連」は烏合の衆?

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080303/stt0803032051008-n1.htm

「なんとかせんといかん!」と立ち上げた「せんたく」だが、参加した議員は、自民と民主がほとんど。
東国原知事の名前だけで話題が先行している「せんたく」だが、参加議員のどれだけが、この「せんたく」に本気で参加しているのだろうか。
こんなことを言っては失礼だが、北川正恭三重県知事だけでは、こんなにも注目されなかっただろうし、参加もなかっただろう。
参加議員の行動は、単に、話題に乗り遅れないためにという感じがしないでもない。


政治が混迷しているときは、必ず、こういった組織や新党がたちあがる。
それでよくなったかというと、そんなことはない。
結局は、中途半端に終るのが目に見えている。


それは、いまの保守系議員には政治哲学がなく、党の利益のため、私欲のために行動するからである。





経済学は誰のためにあるのか―市場原理至上主義批判

経済学は誰のためにあるのか―市場原理至上主義批判