[政治]政府の応援団、朝日新聞


社説:朝日新聞デジタル

今朝の朝日新聞社説を読んで、一瞬、産経新聞かと思った。
福田首相の緊急記者会見の内容に拒否を示した民主党に、「福田提案」を実らせよと迫っている。
「政官業の癒着構造」の土台である「道路特定財源」を一般財源化化すると言っているのだから、民主党は応ずるべきであると。「暫定税率」は政策協議の中で議論すればいい、とも。要は、国民より福田首相を助けてやれ!という内容である。


この社説は、「一般財源化」優先で、「暫定税率廃止」を後回しにしているが、今回の問題は「暫定税率廃止」である。
「暫定」期間の終了が来たのだから「暫定税率」が終わるのは当たり前である。それに対して文句をいうのは、「暫定」の「利権」を享受していた連中である。政府や与党の連中は「暫定」分の税収がなくなると大変なことになると国民を脅かしているが、大変なことになるのは「利権」がなくなる自分たちだと知っていて騒ぐのである。

道路利権に繋がっている「道路特定財源」の「一般財源化」への見直しは、「暫定税率廃止」とは別の問題であり、混同してはならない。