どうでもいい、福田改造内閣

内閣改造で支持率を少しでも上げようと思ったのだろうが、その期待は全く外れたようだ。
船頭が変わらず、乗り組み員もたいした人物はおらず、いったいこの福田丸は、何をしにどこへ行くつもりなのだろうか?
一説では、「増税布石内閣」とも呼ばれていて、選挙の結果次第では「即増税」もあり得るようだが、福田首相自身は「安心実現内閣」と自画自賛している。
とにかく、自民党は世間のひょうばんが悪いときは、いつも「安心」という言葉を使う。
たしか「百年安心」と言っていたのは、つい先ごろではなかったか。

テレビを見ていると、いつもは福田首相に批判的な評論家たちの中には、「改造」で目くらましを受けて、好意的な評価をしている者もいたが、こんな評論家なんか、ただのオベンチャラ野郎である。