[政治]「かつお節」にすぎない田母神論文。

航空幕僚長が応募した論文「日本は侵略国家であったのか」は、全部読まなくても論文中にでてくる「日本は侵略国家であるというのは、正に濡れ衣である」というこの1行と、懸賞論文の審査委員長があの渡部昇一氏であることを考えると、全部読まなくても内容がほとんど分かってしまう。
これまで現れては消え、消えては現れる右派論調の焼き直しである。というか、出回っている右派書物の感想文レベルの内容ではなかろうか。

簡単に言うと、アタマのイカレタ猫の前にカツオ節を置いたら喜んで食べた、というだけのことである。