今さら「自民党は情けない」とは。

自民党の古賀選対委員長は東国原知事衆議院選挙への出馬要請し、知事から思いもしなかった「条件」を突きつけられた。
このことで、自民党内からは、古賀選対委員長と東国原知事にブーイングが巻き起こったと報じられている。
その中で、松浪議員は「東国原くん、顔を洗ってきなさい。」と言ったあとに、「東国原知事に依存しなければならないようでは、自民党は情けない」と不満を続けた。
しかし、これまでの選挙で、自民党は勝つために、今回と同じような「情けない」ことをいっぱいやってきたではないか。誰でもいいから、タレント、有名人などをおだてて引っぱり出し、なんとか「数」を確保してきたのではなかったのか?
そのいい例が、どっかの県の元気だけが取り柄の三流剣士ではないか。
これまでのタレント議員たちは、自民党に向かって東国原知事のような「妄言」「暴言」を言わなかっただけで、中身は同じなのである。

だから、今さら「情けない」ことはないのである。