自民から民主へ、公明党はのりかえるか?

東京都議選の結果、民主党の躍進、自民党の惨敗であった。


それは予想されていたことだから驚きはしないが、公明党議席を減らさなかったことは意外であった。自民党と組んで好き勝手にやってきた公明党が、創価学会の総力を結集した結果、今まで以上に、自民党にとっては別れられない相手になったようだ。


公明党はこれから自民党を捨てて、揉み手で民主党にすり寄るのだろうか?
自民党の「庇」を借りて、「母屋」をのっとった公明党だが、「母屋」が倒壊しつつあるのをみて、恥も外聞もなく、新しい「母屋」を狙うのかもしれない。


その危険性が高いのは、民主党の大部分の議員が、自民党「系」であるからだ。
いまは勢いがあって、公明党の力なぞ必要ないかもしれないが、体質が自民と似通っている以上、今後の政局では、自民党の「いつか来た道」を「我が道」と大手を振って歩きだすかもしれない。