[社会]勘違いな人々(1)

水嶋ヒロポプラ社小説大賞受賞
作品を「ポプラ社小説大賞」に応募した理由を訊かれて、「過去、大賞該当作品が無かったことは、ちゃんと読まれていることだと思ったから」と答えた。
ああ!勘違い。
該当作品がなかったのは、ポプラ社に金が無かったから。「大賞」だと2000円の賞金を出さなきゃならないし、「金がない」ではカッコ悪いから、一石二鳥で「該当作品なし」にしたのが本当だろうに。

第2回 大賞該当なし
第3回 大賞該当なし
第4回 大賞、優秀賞該当なし。
しめて 6500万円が浮いた。さらに水嶋ヒロが賞金を辞退で、2000万円の「儲け」。

カッコ悪い記者会見であったし、ほかの受賞者は刺身のつまみたいでかわいそうであった。