政党交付金をやめて、復興財源にあてたらいい


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110317-OYT1T00742.htm


公明党の言いそうなことだ。だれも反対はできないだろう。国会議員歳費3割で、約45億円の復興財源が捻出できるそうだが、それなら政党交付金もやめて復興財源に回そうではないか。政党交付金で約320億円ぐらいあるだろう。


受け取っていない共産党以外で、政党交付金を復興支援にまわそうなんていう国会議員はいない。「議員報酬3割減、ボーナス5割減」などを主張する「みんなの党」でさえ、政党交付金の廃止は言わない。せめてもの「削減」も言わない。

政党交付金はよほどおいしいものに違いない。
歳費は大声で「削減」を叫んでも、「政党交付金廃止」にはダンマリを決め込むのだから。

公明党も「みんなの党」も、いいかげんにしろ!



罪深き新自由主義

罪深き新自由主義