寺島実朗、また「定数削減」発言

今朝のTV番組『サンデーモーニング』の最初で、野田新政権のことがテーマで話し合われ、
その中で「新政権」の今後の傾向について、「復興増税」「消費税増税」が焦点になるような話題になった。
その時、寺島が発言したのだが、それは「増税の前に、政治家も身を切る思いをしなければならない」旨の内容であった。
要は、増税の前に国会議員定数を削減せよとのこと。
寺島は「削減すれば3年間で約1000億円が出てくる」とも言っていたが、絶対、政党交付金については言及しない。
政党交付金は年に約300億以上の税金がつぎ込まれていて、3年間で1000億円にもなるのだから、
寺島がこれに言及しないのは、自民、民主などの保守政治を守り、民主主義など本当は頭にないからである。


福島原発の真実 (平凡社新書)

福島原発の真実 (平凡社新書)