大阪秋の陣、もうすぐ「冬」がくる

選挙前から、一部週刊誌では「橋下圧勝」の記事がでていたが、残念ながら、その予想通りの結果に終わった。
大阪市長選では共産党系候補者が「反独裁」のために立候補をとりやめ平松候補の応援に回ったのだが、その甲斐もなく負けてしまった。過去、セクハラ知事を生み出した大阪人だから、今回の橋下支持に回る人が多いのもわかるが、4年弱の府知事時代の実績とか、発言とか、そのことの判断はしないで、ある種「お祭り」の気分で投票したのではないか?

テレビでの評論家やコメンテーターは、日本の「閉塞感」を打ち破ってほしいという願いではないかという意見が多かったが、これまでの選挙を見てみると、「閉塞感」とは関係なく、単に「有名人」「タレント」であることで票がながれたことが多い。橋下が大阪府知事選挙に立候補した時は、「府民」が分けもなく踊りだし、今度の市長選では「市民」が踊り狂った。

今度の勝利で、橋下「一家」は国政までも口出ししそうな勢いである。前回は大阪「府民」が橋下を勘違いさせ、今回は大阪「市民」が橋下を独裁者として「認定」してしまったのである。「何かをやってくれる」という漠然とした期待を寄せた大阪「市民」は、これから始まるであろう橋下独裁政治で、厳しい「冬」を迎えることになる。