消費税増税法案、衆議院可決。日本の終わりの始まり。

小沢グループが反対しても衆議院で可決されるのはわかっていたことだが、

それにしても、この国の政治家連中はどこを向いているのか。

選挙の時だけは有権者にいい顔をしているが、当選してしまえば、官僚と経済界、アメリカの言いなり。

消費税は社会保障にしか使わないというが、いままで社会保障関連の改悪を続けてきたのはこの民自公の連中だ。

なかでも公明党はひどい。

「福祉の党」のイメージをばらまいておいて、後期高齢者医療制度の廃止を棚上げにした。

いままでも同じようなことをしてきたから、さほど驚かないが、こんな連中を当選させてきた「アホ」の増殖が

まだまだ続いていることにはうんざりである。

「法案」賛成の民、自、公、国新、「立ち」の連中の欲深い顔を忘れてはいけない。

それにしても、「維新の会」「減税日本」の地方議員や今回の増税賛成議員のレベルの低さ。

高等教育が普及している先進国日本の有権者のバカさにはあきれるばかりである。

「国が大変な時は、我慢しなければいけない」という声を筆頭に、「増税はしかたない」と

わかったようなことを言う。

自らの私利私欲で動く政治家、官僚に、いつまでも「滅私奉公」のアホ有権者

本当に、日本の「終わり」が始まりだした。