本心を隠す「歳費3割削減」

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201209010024.html


国会衆議院定数480を半減にすると威勢がいいが、歳費削減は3割減と中途半端である。

とくに、政党交付金も3割減。

これで、どや!顔されても困る。

本来、政党交付金は廃止するのが当たり前である。

それを「3割減」というのは、「3割減」でお茶を濁し、残りの7割をちゃっかり懐に入れたい

という本心が見え見えで、こいつらの欲の突っ張った顔をみると反吐がである。