変われるか?日本の教育―現場の視点から「教育改革」を斬る*[教育]大阪市立桜宮高校の体罰

ニュースで見たのだが、この高校の保護者説明会で、この卒業生の保護者が「自殺の問題は親に責任がある。先生を応援します。頑張ってください。」と学校側を激励した。この「激励」のあと、周りの保護者から拍手が起こっていた。


体罰と降格の可能性で、1人の高校生が悩み、自殺したのに、その原因究明を学校側に求めるのではなく、親に反省しろと言わんばかりの発言。そして、発言者への拍手。唖然とするばかりであった。この発言者とそれに同調し拍手した保護者らは、自分の子供が体罰で自殺しても、自分で反省し、「応援します。頑張ってください」と学校側をはげますのだろうか?


自殺した子の親を責める「卒業生保護者」と「同調して拍手した保護者」がいるこの高校は、レベルが高い学校でないことを保護者自らが世間に周知してしまったのである。