TPPに「参加」の安倍政権

オバマ大統領との共同声明は新聞で報じられているが、アメリカ国内向けと日本国内向けの「和洋折衷」となっている。
訪米前から「聖域なき関税撤廃」なら参加しないと言う態度を表明していたが、それは、国民騙しの表明であることははっきりしていた。だから、あ〜、やっぱりという思いである。アメリカは、日本の「仲間」がTPPに参加したがっているのは十分承知であるから、アメリカにも「例外」がありそうだと思わせ、交渉に参加させようとの考えである。「例外」をにおわせれば、ホイホイ乗っかってくるのは間違いないとアメリカは踏んでいるのだ。


安倍晋三もTPPには参加したいのだが、昨年の衆議院選挙で、民主党から政権を奪還したいばかりに、「聖域なき関税撤廃には反対」と言っていたので、今回の共同声明で、なんとか辻褄が合わせられたと思っているかもしれない。


今後はTPP参加に向けて、自民党内の「反対派」への懐柔活動が始まるだろう。自民党の「反対派」「慎重派」といっても、所詮は保身優先だから、賛成に寝返る可能性は十分ある。そのあたりを考えておかないと、JA全中が農協票の力を過信しすぎていると後で後悔することになる。


とにかく、夏の参議院選挙で、TPP賛成派を蹴落とすことが最優先である。