農業だけでTPPを説明するマスコミ

安倍晋三がTPP参加表明の態度をしめしているが、マスコミは「TPP参加」が決まったようなはしゃぎぶりである。
仕事中に車のラジオを聴いていても、「強い農業」だとか「国際競争力」だとか、TPP推進派に気を使った農業たたきの
内容である。TPPは農業分野だけでなく、幅広く、ほとんどの分野を対象としていて、特にアメリカは、自動車と「かんぽ」をターゲットにしている。
そのことを話すテレビ・ラジオは少ない。
TPP―第3の構造改革 (かもがわブックレット)

軽自動車の税優遇を撤廃しろとアメリカが言っていることを、もっと報せるべきだ。
公共交通の廃線により、地方では一家に2台は車が必要な時代である。
そんな日本では、2台目として、経費負担の小さい軽自動車はなくてはならないものである。
その軽自動車の税優遇を廃止しろ、とアメリカはいうのである。
軽自動車があると、アメリカの車が売れないのである。
日本の国民が困っても、アメリカの資本にとっては関係ないのである。
「邪魔者は消せ!」ということだ。


それをテレビで説明すれば、少しは有権者は考えるのではないか?