すでに負けていることに気が付かないTPP推進派。

TPP、車は例外受け入れへ 政府、事前協議で米に譲歩
[PR]

 政府は、環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加について、米国が日本からの輸入車にかけている関税を当面維持することを受け入れる方針を固めた。日本の交渉参加にとって最大の懸案だった自動車で譲歩することで、安倍晋三首相によるTPP交渉参加表明へ大きく前進する。

 米国は現在、輸入乗用車に2・5%、トラックに25%の関税をかけている。TPPは「関税の原則撤廃」が前提だが、TPPに日本が入れば、日本車の輸入が増えるという懸念が米自動車業界に根強い。このため、米側は今年1月に、自動車の輸入関税を当面維持する意向を茂木敏充経済産業相に伝えていた。朝日新聞

TPP交渉参加への事前協議で、米国の意向に譲歩するなら、もう負けたも同じ。


オバマはアメリカの国民のため働く、それは当然である。
日本の総理は、オバマのために働く。それも当然である。
アメリカの傀儡だから。 

これで「日本を取り戻す」とは、お笑い草だ。