「国益を守る」の意味は、米国の「国益を守る」だ。


国益守る保証なし 日米合意/TPP交渉参加 即刻断念を

TPPターゲット―アメリカの「モクロミ」と日本の進むべき道

今回の合意は、米国が日本の参加を認める前提条件としていた要求を事実上、丸のみにしたものです。米国の要求でBSE(牛海綿状脳症)対策の牛肉輸入規制をすでに緩和したことも含め、TPP交渉参加の「入場料」を米国に支払ったのです。

 日米両国は、自動車分野で米国の関税撤廃を最大限後ろ倒しすることなどを確認し、それが米韓自由貿易協定(FTA)よりも米国側が有利になる取り扱いだとしました。国土交通省は、「輸入自動車特別取扱制度」(PHP)の年間販売台数上限を拡大するとしました。麻生太郎金融担当相は、かんぽ生命保険の新商品展開を数年間は凍結するとしました。これらはみな、米国の要求を受け入れた措置です。(赤旗)

ここまで米国の要求に譲歩しておきながら、「国益を守る」はないだろう!

安倍が米国にオバマに会いに行った時から、この結果になることはわかっていたが、「入口」で丸呑みさせられて「国家百年の計」はないだろう!

どこまで米国の「犬」に成り下がるのか!