やっぱり金持ち優遇

退職金を予定通りもらえる人はどれだけいるのだろう?
早期退職割増金で増えても、再就職の年収激減を考えれば生活費として貯金するのではないか。

【経済】

住宅給付金対象、50歳以上に 現金購入で、消費増税の負担軽減
2013年6月18日 19時13分
 自民、公明両党は、消費税増税時の負担軽減策として実施する住宅購入者への給付金制度で、住宅ローンを組まずに現金で買う場合の給付対象を「50歳以上」とする方針を固めた。退職金で購入する中高年層などを想定しており、対象を絞り込んで「金持ち優遇」や「ばらまき」との批判をかわす狙いがある。関係者が18日明らかにした。
 財務省は「60歳以上」にさらに絞り込むよう求めており、政府、与党で給付額も含めて調整し、国会会期末の今月26日までの決定を目指す。
(共同)