「恫喝」されている日本の姿が目に浮かぶ

テレビのニュースで米国産豚肉の関税を10%台で「交渉」しているという報道があった。
それに対しても米国は不満らしく、1ケタ台を要求しているとのこと。
また自動車については、軽自動車に難癖をつけ自動車税を上げさせた。
日本車の安全基準にも「規制緩和」を要求している。

さらに、今日の記事では輸入台数の年間目標を設けるように要求しているそうだが、ここまできてもTPP推進派は「夢と希望」を持ち続けるのだろうか?
TPP交渉から撤退することにこそ夢と希望はあるのだ。

【経済】

TPP、米が自動車輸入目標要求 日本強く拒否
2014年4月21日 19時13分
 環太平洋連携協定(TPP)交渉の日米協議で、米国が、自動車の輸入台数に年間目標を設けるよう日本に要求していることが21日、分かった。要求は、目標を下回れば米国が自動車関税(乗用車は2・5%)の撤廃を先送りする仕組みとなっている。日本は「事実上の関税維持だ」と、強く拒否している。
 11月の米議会中間選挙にらみ、オバマ政権が有力な支持基盤である自動車業界への配慮を強く打ち出す狙いがありそうだ。日本は「聖域」とする重要農産物5項目の関税維持を強く主張している。5項目で譲らない日本に対抗し、自国の聖域の自動車を守る姿勢を強めた。
(共同)

東京新聞WEB版


農業超大国アメリカの戦略: TPPで問われる「食料安保」
農業超大国アメリカの戦略: TPPで問われる「食料安保」