世界の紛争を甘く見る日本人

シリア北部で日本人とみられる男性がイスラム過激派組織「イスラム国」に拘束され、動画サイトにその様子がアップされた。
その後の情報はわからないが、「素人」が趣味レベルで戦闘に同行した結果がこれである。
あまりに甘すぎないか。
まだ拘束される前には、銃を持ち、いかにも戦闘地域にいるという動画をアップして自慢げである。
これも「自己責任」だよね、小泉純一郎