共産党の名前変更は必要ない!

苫米地英人氏 豊洲新市場問題で共産党を称賛「今回はいい仕事をした」 - ライブドアニュース

何かあるとすぐ名前を変えろとか、変えたほうがいい、変えたほうが支持が増えるとか、野次馬はいうけれど、どうして変える必要があるのか。

過去、松原隆一郎という学者も朝日新聞紙上で、共産党が名前を変えたら投票してもいいけれどみたいなことを言っていたが、こういったことを「小さな新切、大きなお世話」というのだ。

共産党以外の野党の歴史を見れば、保身のために離合集散を繰り返してきただけで、国民のためには少しも役立っていないことがわかる。

それぐらいわかるような学者でも、共産党に「名前を変えたほうがいい」と「アドバイス」する連中は、資本家の遠い親戚である。