ノーベル文学賞 村上春樹、残ね〜〜ん。

今年もハルキストって連中がカフェに集まり、村上春樹の受賞を待ち構えている画をTVに見せつけられたが、
お気の毒にというか、やぱっりというか、受賞にはならなかった。
大型書店も、村上春樹の地元でも騒いでいたが、今年も残ね〜〜んでした。

ハルキストたちは、まるで赤城山で徳川家財宝を掘り続けた連中とダブって見える。

村上春樹ノーベル賞受賞」は無いのだ。

それは、意外性もなければ、たいしたメッセージもないからである。

単に、マーケティング会社と出版不況の出版業界がつくりだした「都市伝説」なのである。