消費税10%は誰のため

アベが来年10月からの消費税増税を決めた。

これまで2度の延期だったが、たぶん経済界からの突き上げが激しかったのだ。ここで増税をしなければ、法人税の減税が遅々としてすすまないし、そうなればアベは経済界から見捨てられる。アベノミクスの進捗なんか、どうでもよかったのだ。

増税による消費の落ち込みが当然予想されるため、あれやこれやの対策も提示していたが、キャッシュカード払いでの2%還元なんか、カード会社のためのものである。自動車の購入時の税軽減は輸出還付金目当ての自動車業界向け。あらゆる対策が国民のためでなく、経済界のためであり、自動車業界からのキックバック期待のものである。

こんな愚策より、消費税を廃止すればいいのである。そうすれば消費者の購買力も高まる。

マスコミは相変わらず消費税増税の説明に、現在の、今後の社会保障費が少子高齢化でもたないと一言アベのために付け加えることを忘れない。

消費税が社会保障に使われることなく、軍事費の拡大に使われることを知っていても、アベのために言わないのである。

腐ったマスコミ。